ファンダメンタル分析で相場を予測する


 FX取引や、通貨を銘柄にしたバイナリーオプションでは、取引きを成功させるために外国為替市場の為替相場の変動を予測していくことは、必ず必要になる事柄になります。
こうした相場を予測する手法は様々にあり、そうしたものの中に「テクニカル分析」と「ファンダメンタル分析」というものがあります。

テクニカル分析とは、為替相場の値動きを短期的に、直接的に予測していく分析手法になり、過去の為替相場の数値やレート変動を用い、この数値を計算式に当てはめて指標化したり、また、レートの変動を分かりやすく視覚化して図表にしたりすることで、分析を行い、ここから方セ区政を導き出して、未来の為替レートの変動を予測していくものになります。

これに対し、ファンダメンタル分析は外国為替市場の全体の動きを包括的に、長期的に予測をしていくもので、世界中の国や地域から発行されている通貨の価値の変動を鑑み、その国の経済状況や政治動向、関連する国々との関係性や、近接する国との連携や、為替市場に参加している世界中の投資家の売買心理などをも考慮しながら、通貨などの動きを予測していくものになります。

ファンダメンタル分析で必要になるものは、鮮度の高い情報になり、経済のニュースやトピックスを常にとらえ続け、それらを様々な情報と結びつけて、次の展開を考えていきながら、現在の相場からの変化を予測していくという、柔軟な発想力も必要になります。

テクニカル分析は、たくさんある指標や図表という道具を利用しする技術的なものになり、その道具をどう使っていくかというだけになりますが、ファンダメンタル分析の場合には、常に情報を追い求め、常に分析をし続けなければならないため、決まった形というものが存在せず、これに慣れるまでには時間がかかるでしょう。

しかし、正確に数値を予測するのではなく、大まかな傾向がつかめればそこから、投資の戦略を立てることができるため、簡単なところからでも始められるという利点があります。

例えば、G7やG20などという首脳会議の話題をニュースなどで耳にしたことがあるかと思います。
こうした会議においては、様々な国家間における経済の問題や、金融上のトラブルなどをいかにして対処していくか、などが話し合われ、世界経済の動向への意思決定などがなされます。

このような会議が行われる前後には為替相場のレート変動が活発になることが知られており、こうした状況をつかんで、投資取引に生かしていくことが、ファンダメンタル分析の基本になります。

例えば、こうした先進国の首脳会議の場合には、その前からどのような発表がなされるのかなどの予測が投資家の間で立ち、それに合わせた投資の仕掛けなどが施されるために、為替相場が活発になります。
会議の後の共同声明文の発表で締めくくられると、その内容によって取引が開始され、再び相場が大きく動くのです。
順当な声明文であれば、それほどの混乱はありませんが、不安要素が多かったり、予測が難しい場合などは、声明文の内容によっては、為替相場が大きく乱れて乱高下することもあり、こうした事柄をファンダメンタル分析でつかんでいれば、乱れた相場で危険な取引を行わなくても済むということになるため、分析を行って相場を予測することは重要になるのです。

---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------
---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------

参考になる記事
ニューエントリー

知っておきたいXM情報
取引ツール

当サイトご案内
ご利用のルール
担当者

All Rights Reserved at Ravenhaalan.com