24時間取引出来るFXの魅力


cuhyoikdf 投資の中でもFXというものは一般の株式などとは違い時間に決まりというものがありません。バイナリーオプション業者ランキング&ブログ体験記から引用すると、日本時間で言えばシドニー市場が最初に始まり東京、ロンドン、そしてニューヨークと移っていくのでそれを時間で考えてみると24時間の取引が可能となってくるのです。これらの事からFXではどのような方であっても必ず開かれている市場があり、時間の制約がなく参加できる投資と言えます。言ってみればこの24時間というものは平日は働きながらでも市場が動き出す夜には取引を行う事が出来るので、誰でも参加する事が出来ますしどのような環境においてもFXを楽しめると言えるのです。

そして、これを主な市場で例にしてみるとまずはシドニー市場があり、日本の朝5時から9時までとなり、あまり大きな動きというものはありませんが大手企業などのポジションの整理などがある場合には相場の変動も見込める市場です。

次に動くのは東京市場となりこれは9時から夕方4時頃で、比較的穏やかな値動きでの取引が可能となります。ただ、経済指標など金融対策に関連する発表などがある場合にはクロス円の相場が大きく動いてくるので注意が必要です。

東京市場の次にはロンドン市場が活発になってきます。FXにおいては午前中から夕方よりもむしろここからの市場での取引が利益追求への始まりだと思ってもよいと言えます。ユーロにしても通貨としてはすでに世界第2位という流通量を持っていますし、クロス円にしても東京市場とは違い大幅な値動きがあり取引の魅力はここからと言ってもよい程です。

そして夜の9時からのニューヨーク市場は取引の参加人数が最も多くなる時間になってきます。ここからは10時半までの時間が経済指標などの影響がかなり多くなり値動きにしても激しい時間となってくるので、気を抜けない時間帯になり注意が必要です。


要注意したい経済指標の発表

トレーダーとしての計画で一番気をつけたい部分というのがあり、必ず頭に入れておかなければいけない事が経済指標です。この発表では内容にもよりますがかなりの値動きがある場合があり、市場におけるマインドにも変化が出てきますしトレンドの転換といった事にも十分注意が必要となり、相場の反応などを含めての予測も大事になってきます。

この経済指標というものを上手に利用する事が出来るようになると、かなりの短時間での利益確保というものが簡単になってきます。ただし値動きの予測を誤ってしまうと大きなリスクにもなりこの辺りの予想というものは難しいと言えますし取引の際にも慎重さは十分に持つ事が必要になります。

そしてこの発表直後には多くの注文の殺到があるためスプレッドの大きな開きなどがありかなりのリスクを負う事も予想されるので、経験が無いような状態での取引はとても危険であるとも思われますのである程度の経験というものを得てからチャレンジする事が無難と言えるでしょう。

---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------
---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------  ---------

参考になる記事
ニューエントリー

知っておきたいXM情報
取引ツール

当サイトご案内
ご利用のルール
担当者

All Rights Reserved at Ravenhaalan.com